伝わるスライド、伝わらないスライドの特徴5選興味がある方はこちら

【スライドマスター】スライド全体をデザインしよう!基本的な使い方6選をわかりやすく解説

こんにちは!理学療法士のあひるです

今回は絶対に知っておいて損がない、『スライドマスター』についてご紹介します

ひよこちゃん

スライドマスター?
初めて聞いた…

あひるくん

PowerPointツールの1つで、作業効率が劇的にUPするよ

あなたはスライド・資料を作成する際にこんなことはありませんか?

  • 調整をしてたら途方もなく時間がかかる…
  • 文字やレイアウトをいちいち微調整するのが面倒…
  • 写真やロゴなどを固定した場所に入れたい…

これらを一発で解決する機能がスライドマスターなんです

しかしこの機能自体を使いこなせていないだけでなく、存在すら知らない方もいます

今回の記事ではこんなことがわかります

  • スライド全体をデザインするスライドマスターの概要
  • スライドマスターの仕組みとメリット
  • スライドマスターを使いこなすお勧め講座
  • スライドマスターの使い方と他のツールとの組み合わせ

私は社会人になって10年以上、様々なスライド、資料、講演原稿などを作成してきましたが、1年目からこれを知っていたら…

正直、ここまで詳しく書いている記事はほとんど無いです

あなたには無駄に1つ1つのスライドを微調整したり、膨大な時間を消費して欲しくありません

本記事の結論
  • スライドマスターとは、スライド全体をデザインする設計図
  • スライドマスターを使うことで作業効率の向上、統一感のあるスライドを作成することができる
  • 他のツールと併用することでより洗練されたデザインにできる

これを知ることで効率よく調整が出来るだけでなく、統一感がありデザインも良いスライドに仕上げることができます

また、さらに詳しく勉強したい方はこちらが大変お勧めです

\資料請求無料!最短1カ月で資格取得/

それではさっそく行きましょう!

目次

スライドマスターとは、スライド全体をデザインする設計図

そもそもスライドマスターとは何なのかを説明しますね

スライドマスターとは、共通の設定、レイアウト(配置など)を行うための機能であり

  • 背景
  • フォント
  • サイズ
  • 位置

などをあらかじめ設定できる、デザインの設計図のようなものです

ここではあなた自身が決めたルールに合わせてスライド全体をデザインできるんです

スライドマスターには大きく分けて2つの機能がある

スライドマスターの仕組みは大きく分けて

  • スライドマスター
  • レイアウトマスター

の2つに分かれます

「表示」タブの「スライドマスター」を選んでみましょう

するとこんな画面になります

「1」の横にあるのがスライドマスター、それ以下にあるスライドがレイアウトマスターとなります

「スライドマスター」はすべての土台となる

こちらは『親スライド』とも表現されます

背景やフォント、画像やロゴの挿入など、全てのスライドに反映したい内容を指定します

もし今までスライド毎に修正や固定したい画像を挿入していた場合は、これで一発で解決します

「レイアウトマスター」は個別でレイアウトごとに変更ができる

こちらは『子スライド』とも表現されます

親スライドであるスライドマスターのルールを反映しながらも、個別で変更したい場合に用います

全部で11個のレイアウトがあり、種類ごとに編集が可能です

よく使用されるのは

  • タイトルスライド
  • タイトルとコンテンツ
  • セクション見出し

の3つかと思いますが、あなたの必要なレイアウトに合わせて編集できるのが大きな特徴です

スライドマスターのメリットは3つ

大きく分けてメリットは以下の3つがあります

  • 作業効率を上げる
  • スライドの一貫性を保つ
  • スライドレイアウトの修正・調整が簡単

私はこのスライドマスターという機能を知らない以前は

  • スライド1枚毎にタイトルの書式を変更
  • 図を別のスライドの同じ場所に挿入
  • スライド毎に配色を変更

したりと、かなりの並行作業をしていました…

これらをまとめて行えるのがスライドマスターです

かなりの作業効率を上げることができ、なおかつ統一感のあるスライドを作成することができます

また何といっても一番のメリットは、修正・調整が簡単に行えることです

いざ実際にスライドが完成しても、何か違うなぁ…ってことありませんか?

スライドマスターであれば、レイアウトマスターの一部を修正するだけですべてのレイアウトに反映することができます

スライドマスターを使いこなすにはパワーポイント講座がお勧めです

その他にもPowerPointは様々な機能が搭載されており、それが使えるようになることで劇的に作業効率が上がります

ユーキャンのパワーポイント講座は16,200円(一括払い)と少しお高いですが、月々1,700円(分割10回)も可能です

また合格すれば最短1カ月で、

  • マイクロソフト社公認の『マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)』取得
  • 作業効率が劇的に上がり時間を有効活用できる
  • 第三者や知り合いにPowerPointの使い方を教えることができる

などなど様々なメリットがあります

今まで440万人が合格しており、その人たちにどんどん差をつけられてしまいます…

模擬試験や気軽に質問OK、わかりやすいテキストなどユーキャンだからこその強みが多数あります

資料請求無料ですので、この機会にぜひ覗いてみてください

\お勧め資格はこちら!/

スライドマスターの基本的な使い方6選

これからは実際の画面に合わせて基本的な使い方を6つご紹介します

主にこちらですね

  1. 配色とフォントの事前設定
  2. 見出しのデザイン
  3. インデントの調整
  4. スライド番号
  5. 箇条書きスペース
  6. タイトルスライドのデザイン

またゆっくり記事をみれないよー!という方はこちらの動画もお勧めです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる